2017年11月28日

【Mykinso Pro導入例】検査結果をもとに説得力のある食事指導を——マツオ十字堂薬局(東京都渋谷区)

Mykinso Proを治療に活用しておられる医療機関、薬局をお訪ねする「Mykinso Pro導入例」。今回は東京・恵比寿の「マツオ十字堂薬局」のダイエット/子宝カウンセラー、松尾賢さんにお話をうかがいました。

まずは自分で試してみた

腸を良くして体を良くすることを目指す「腸活」という勉強会でMykinso Proを知り、すぐにご自分で検査を受けられたそうですが、いかがでしたか。

「乳酸産生菌、酪酸産生菌は多かったですね。しかしビフィズス菌は予想より少ないと感じたので、食物繊維の摂取量を増やし、飲んでいたプロバイオティクスを変えました」

Mykinso Proはおもしろい、いろいろな所に活用できると感じた松尾さん、積極的に導入を進めておられるそうです。

自分の体を知る一助としてのMykinso Pro

マツオ十字堂薬局では、妊活やダイエット、アンチエイジング、虫歯予防など、さまざまなテーマでセミナーが開催されています。

「セミナーでは、腸の働き、腸内フローラとはなにか、食べ物によってどんな変化があるかなどについてもお話しします。また、何が足りなくて便通がうまくいかないかを説明して、自分の腸内フローラの状態を知ることができる検査がありますと、Mykinso Proを紹介しています」

健康に関心を持ち、現状を変えたいとセミナーを受講した方に、自分の体を知る一助としてMykinso Proを勧めているわけですね。

「ダイエットの相談でいらっしゃる方は、ほとんどがお腹の問題を抱えています。皆さん、胃腸が弱いんです。生活改善や食事指導をおこなってもなかなか結果が出ない場合、Mykinso Proを勧めるようにしています」

Mykinso Proを導入して、効果はあがりましたか。

「ダイエットのために訪れた患者さんの食事指導が、スムーズに進められるようになりました。『生活習慣がこうだから、あなたの腸はこういう状態なんですよ』と明確に示せるので、説得力が違います。そのうえで、こういうものを食べれば有用菌が増えやすいですよ、と説明すれば、患者さんも納得しやすいですよね」

痩せたい、体調を整えたいなど、薬局を訪れる人の悩みは多岐にわたります。従来の検査に加えてMykinso Proを活用することで、悩みを解決するための道筋がよりはっきり見えてくるわけですね。

「その道筋をどう進めばよいかを提案するのが、わたしの仕事です。必要な栄養素を過不足なく摂り、プレバオティクスをしっかり摂って腸内細菌に十分なエサを与えてやる。忙しい現代人が食事だけで必要量を補うことはなかなか難しいので、サプリも活用しつつ、しっかり養生できるように指導します」

乳酸産生菌と酪酸産生菌の割合に注目

Mykinso Proの検査結果で松尾さんが特に注目するのが、乳酸産生菌と酪酸産生菌の割合です。このふたつがお腹の調子を整える鍵であると考え、食習慣の改善を提案されるのだとか。参考のために、インタビュアーの検査結果をご覧いただきました。

「乳酸産生菌の割合が低いですね。植物性乳酸菌が豊富なぬか漬けを食べるといいですよ。お茶を乳酸発酵させた碁石茶もお薦めします。オリゴ糖、水溶性/不溶性食物繊維、グルタミンを豊富に含むきのこや海藻類を摂りましょう。また、調味料は、熱処理をしていない生揚(きあげ)醤油や生味噌、藻塩(もじお)、天然発酵(静置発酵)で作られた米酢がいいですよ」

豆乳で作ったヨーグルトを毎日食べていることをお伝えすると、「少なくとも、乳酸産生菌には効果がないようですね」とのお答え。はっきりとデータで示されているので、反論の余地はありません。たしかに、説得力があります。

データを蓄積すれば大きな強みに

インタビューを通して、松尾さんがMykinso Proに大きな可能性を感じておられることが伝わってきました。

「すべての患者さんに治療の節目ごとに検査を受けてもらってデータを蓄積することができれば、強力な武器になると思います」

将来的には、蓄積されたデータが患者さんに還元され、よりきめ細かい指導が可能になる。そんな好循環ができればすばらしいですね。松尾さん、貴重なお話をありがとうございました。

■薬局情報

名称:マツオ十字堂薬局
所在地:東京都渋谷区東3-17-11
電話:03-3441-4440
URL:http://jujidou.net